歯科での抜歯について

抜歯は歯科に相談し慎重に

抜歯の時は歯科で相談

虫歯などで、歯科に行き治療を受ける場合があります。虫歯の状態によっては抜歯という選択肢もでてくることもあるでしょう。ですが、できるだけ自分の歯は残しておきたいものです。そのような場合には、本当に抜く以外の選択肢はないのかどうか、歯科で相談してみましょう。状況によっては、できるだけ歯を残してくれる治療を行ってくれる場合もあります。また、別の歯医者に行き、相談をしてみるのも1つの手段です。また、違った回答をしてくれる可能性もあり、治療方法がかわることも期待することができるでしょう。抜歯の時は、すぐに決断せずに慎重に決断することが大切です。

抜歯は歯科と相談しよう

親知らずなどが生えた場合には、そのまま残しておいても虫歯になりやすいため、歯科で抜歯を選択するのもいいでしょう。ですが、生えている状態によっては無理に抜かなくても大丈夫な場合もあります。無理に抜いて痛い思いをするのをさけるためにも、一度、歯科で抜歯したほうがいいかどうか相談をしてみるといいでしょう。歯医者側が、特に抜かなくても大丈夫と判断した場合には、無理に抜かずにそのまま経過を見守るといいでしょう。また、定期的に歯医者に通い、歯のクリーニングなどをしてもらうと、虫歯の早期発見につながり、また、歯垢や歯石の除去などもしてくれるため、口の中を清潔に保つことができます。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 抜歯は歯科に相談し慎重に All rights reserved