歯科で早期発見解決を

歯周病は歯科に早めの相談

歯周病の相談は歯科で

歯周病は現代人のおよそ8割が罹患しているともいわれている病です。歯についたプラークが原因でおこり、そのまま放っておくとやがて歯の骨まで溶けてしまい、歯が抜け落ちてしまいます。歯周病になったかなと思ったら、まずは歯科に相談をすることです。歯科では、正しい歯磨きの仕方を指導してくれます。また、すでに罹患している場合であっても、早期に発見することができれば、歯を失う前に治療をすることもできます。少なくとも半年に一度はしっかりと歯の健康診断をしてもらうことで、いつまででもきれいな歯を保つことができます。

歯周病のチェックは歯科で相談を

歯周病は多くの日本人が感染しているにも関わらず、具体的な対策を取っていない人も多くいます。特に意識をしていないと歯がうずいたり、歯茎からの出血を起こすなどの症状が起き、最悪の状態では抜歯する可能性もあります。対策の1つとして正しい歯磨きが重要なのですが、そのチェックは歯科で相談してみると良いでしょう。歯周ポケットや歯石の付き方などからどこを重点的に歯磨きをすべきなのか、現段階での口腔内の状態はどの様になっているのか等を確認してもらうことが出来ます。また定期的に歯科で検診を受けている人ほど口腔内の環境が良く、将来歯を失いにくいというデータもあるので、プロに歯周病の相談をすることは大切だと言えるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 抜歯は歯科に相談し慎重に All rights reserved