違和感があれば歯科へ

歯科に知覚過敏の相談

知覚過敏で悩む場合は歯科に相談

何かを飲むたびに歯がしみて不快感が続き、仕事に手がつけられなくなるなったら大変です。一過性の痛みで、虫歯や炎症とまた違ったものである可能性があります。知覚過敏と呼ばれるもので、多くの人がこれで歯科を受診しています。歯磨きで加減を知らずにやり過ぎたり、やり方が悪かったりすることで生じてしまうのです。悪化した状態を続けていると大がかりな治療をしなければならなくなるので、自然に治癒を目指すのは無理であるといえます。自力で治すには習慣を見直すことが大切です。歯ブラシを普段より柔らかいものにし、毛先で優しく磨きます。キシリトールガムを噛むことも有効です。また、歯を食い縛らないことも大切となります。これらのことをすべてやって、それでも治らないのなら、歯科で相談すると良いでしょう。

知覚過敏かなと思ったら歯科へ

皆さんは、定期的に歯科検診を受けていますか。最後に歯医者に行ったのはいつだったかしら。と思い出せないぐらい御無沙汰という人も多いでしょう。歯医者は何度も通わなくてはいけないイメージがあるし、虫歯になって痛くなるなどの症状がなければ、忙しくて行く時間がないという人も多いでしょう。虫歯以外にも冷たい飲み物やアイスクリームを食べた時に歯がツーンとしみる感じがする人や、鏡をみると歯茎が下がってきているように感じる人は、知覚過敏かもしれません。まずは近くにある歯科医に予約をいれて、相談してみましょう。歯石の掃除や歯の状態のチェックも同時にできるのでおすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 抜歯は歯科に相談し慎重に All rights reserved